スポンサーサイト::スポンサー広告 照明とサンゴ::水槽単独記事

照明とサンゴ

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
忘れていたあのサンゴ・・
<< old
移設三週間

2010-08-12 ; 水槽単独記事

プライベートの時間がとれず、更新間隔が駄目駄目になってますね。
仕事は首になるかと思うくらい暇なんですが、引越し後保育園が元のままなので・・・、保育園の行き帰りが!
時間にして以前より2時間ちかく時間がとられてますのでなかなかもってーー。
とそんなことをいってもはじまりません。しばらく我慢。

さて、前置き(言い訳)が長くなりましたが、そろそろ蛍光灯の玉を換えないといけない時期に来ているんですが、
買い替えで二灯とはいえ微妙にお金がかかります。また、従来型蛍光灯は寿命が短いので寿命の長いものにどうせなら変えたいなあと。(蛍光灯はT5にすれば寿命は、1年です)
で、LEDは不明ですが蛍光灯・メタハラ共に基本どのサンゴでも飼うことはできます。
ただ、サンゴの種類によって手間がかわってくるので飼いたいサンゴにあわせて照明を選ぶのがよさそうです。
とはいえ・・メタハラは家のブレーカーが飛びそうなのでどうだろう。

・SPS
ミドリイシやウスコモンなどのSPSを飼うにはメタハラで飼うのが一番楽そうです。蛍光灯・LEDでも飼えるとのことですが、LEDだと気合を入れてうまく色を組みあわせないと失敗しそうでリスクが高そうです。
蛍光灯だと手間をかければいい状態で飼えるとのこと。ZEOVITなどのシステムなら蛍光灯が海外では主流とのうわさも・・・。

・LPS
ハナガタ・オオナガレハナなどのLPSはT5蛍光灯が飼いやすいようです。もちろんメタハラは万能ですので問題なく飼えます。メタハラ・蛍光灯両方でキープしてみた人の感想をいくつか集めるとT5のほうが飼うには楽だそうです。
そういう話ならLEDでも問題なくいけそうですね。
どちらかというと、日本のキーパーはヤッコが好きなので、食害のほうを注意すべきかな・・。
LPSかじります。クマノミもタコアシサンゴなど触手っぽいのは血が騒ぐらしくスリスリしますので、悪い影響を与えそうですね。

・ソフト
どの照明でも問題ないはず。それならば、メタハラに比べ熱が出ず、蛍光灯より綺麗に水槽が見えるLEDがいいですね。

・陰日性サンゴ
照明はなんでもいいですが、水温を低く保つ必要があるのでLEDが有利かも。自然環境では陰日性サンゴが住むあたりって紫外線は届いてるはずなのでこのへんは影響ないんだろうか・・。たぶん光以外の要素が問題なんだろうなー。陰日性サンゴは餌あげないといけないのでパスの方向で。

・イソギン
サンゴ・タマイタ・LTに関してはなんでもいいかと。ハタゴはメタハラのほうが飼い易いと聞きます。

さあて、どのサンゴをメインにするかーー悩みどころ。
一個づつ入れてみたらいいんじゃね?
関連記事
Entry Status
New >>
忘れていたあのサンゴ・・
<< old
移設三週間

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1343-248b8a08

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。