スポンサーサイト::スポンサー広告 思い出のゲーム その1 クラッシックロード2::雑記

思い出のゲーム その1 クラッシックロード2

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
思い出のゲーム その2 ランペルール
<< old
最近INできてません・・

2010-06-02 ; 雑記

皆様ご無沙汰しておりました。近くプライベートで大きな出来事がありそうで、それに時間をとられてます。

久しぶりなのに、なんじゃこのエントリーという突っ込みを受けそうですが・・、なつかしのゲームの話題。

今回紹介するのは・・・クラッシックロード3です。
いきなりマニアックなゲームですが・・。

●クラッシックロード2
・対応機種
PC98
・メーカー
プログレス
・ジャンル
競走馬育成ゲーム
・プレイ人数
1~4人

クラッシックロードの特徴は、競走馬育成ゲームとしてはおそらくはじめて、世代という概念を取り入れたゲームです。当時のウィニングポストやダビスタは自分の厩舎で活躍した馬の子供の子供をまた走らせる・・といったことができませんでした。馬の世代交代は初代クラッシックロードから受け継がれています。
もう一つの特徴として多人数で遊べること。友達同士で競走馬を育成し、レースに登録・・といった楽しみ方ができます。無限にゲーム年数が続くわけではなく、50年たつと自動的にゲーム終了となります。
50年たたずとも、任意でゲーム終了させることができ、終了させた場合、プレイヤーの評価と手持ちの歴代競走馬の
中でも最も能力の高かった牝馬・牡馬を一頭ずつ紹介してくれます。
このゲームに私がはまった理由は、世代交代があることと4人プレイができること・・。

その昔、友人と二人でこのゲームをはじめ・・途中3人になったり4人になったりしましたが・・最終的に50年目前まで二人で進めました。(もちろん、ソロプレイでは何度も遊んでますw)

もうかなり記憶が定かではありますが・・私がプリン牧場という名の牧場名で、友人がババロア牧場だったかと思います。
その中で記憶に残る名馬が二頭いました。

★オイチープリン
・適正距離
中距離
・成長タイプ
普通早(4歳秋がピーク)
・G1勝利数
10

★ババロアキング
・適正距離
中長距離
・成長タイプ
普通遅(ピークは5歳)
・G1勝利数
11

この二頭はゲーム内では無敵レベルの能力を持っていましたが、生まれたのが同世代でした。
朝日3歳からダービーまで無敗で圧勝していたオイチープリンに対し、ババロアキングは阿寒湖特別という平オープンレースに勝ち、クラッシックの最終戦である菊花賞に間に合いました。
菊花賞では両者壮絶な叩き合いの後、わずかの差でババロアキングが勝利し、オイチープリンが初の敗北をしました。その後、両者はG1レースで合計9度戦い、ババロアキングが5勝4敗で勝ち越しました。
お互いに生涯成績で、負けたのはお互いの対戦時のみという徹底振り。対戦プレイならではですよね!

ぽちっと一発。↓
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
思い出のゲーム その2 ランペルール
<< old
最近INできてません・・

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1310-7d86ed2a

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。