スポンサーサイト::スポンサー広告 T5蛍光灯・・・::水槽単独記事

T5蛍光灯・・・

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
イソギンジュース事件
<< old
クールウェイ200動いてます

2010-05-24 ; 水槽単独記事

アクアリウムの器具ではじめて知ったT5蛍光灯。
従来型の蛍光灯に比べて、何が違うのかというと・・・。

・従来型蛍光灯に比べ管径が15.5ミリと約半分
・細くなる分、エコ
・従来型に比べ、少ない消費電力で同じ明るさが出る
・従来型蛍光灯より寿命が長い。(1.5~2倍)

エコについては、プリンス電機さまで記載してます。
どちらかというと、T5蛍光灯というよりスリム蛍光灯といったほうが一般世界ではメジャーな名前のようです。

で、このT5蛍光灯水槽に使う場合には・・
・幅が半分なのでいっぱい装備できる。(なので消費電力も大きくできる)
・従来型より光量が多い
・寿命が1年くらい持つ
といいことばかり!さすが新型は旧型とは違う。

とはいえ、寿命に関してはLEDのほうが全然優れてますね。
LEDだと、ハイパワー型といわれるものでも2年は持ちます。(ものによっては5年とかもちます)

蛍光灯はLEDに比べ、ぼんやりとした全体的に広がる光を放ちます。LEDは非常に指向性が強いので見た感じ少ない消費電力で蛍光灯に比べ、すごく明るく見えます。
LEDはその分蛍光灯に比べ、光の波長が少ないので波長を確保するためにいろいろ考えないといけません。
まあ、ものはすばらしいんですがめんどくさい。といった感じです。

そのうち、そのあたりをカバーしたLEDが出てくるんでしょうが、いまのところ最も効率がよさそうなのがT5蛍光灯のような気がします。

しかし!

日本のアクア業界ではT5蛍光球の種類が少なく、従来型に比べ色といった点で見ると物足りなさがあります・・。
もっといろんな種類のT5蛍光球が出てくればいいですよね!

ぽちっと一発。↓
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
イソギンジュース事件
<< old
クールウェイ200動いてます

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1307-85dc77f1

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。