スポンサーサイト::スポンサー広告 水槽照明のいろいろ::水槽単独記事

水槽照明のいろいろ

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
生物大量投下
<< old
イソギンネタばかりであれですが・・

2010-05-02 ; 水槽単独記事

水槽用照明をいろいろ見てると・・いろんな種類があります。

今回は60センチ用水槽に使われているものをピックアップ。

1、従来型蛍光灯
20W型18Wという蛍光灯です。色の種類は多く、蛍光灯具本体の価格もお安い。
ただ寿命が短く、半年程度で交換することが推奨されてます。
交換球のお値段は500~2500円ほど。
メリットは本体が安いことと、色の選択しが多いこと。

2、T5蛍光灯
新型蛍光灯。光量が強く、T5の多灯でミドリイシも飼えるらしい。
(ミドリイシはもっとも光がいるサンゴです。)
日本では色の種類が少ないのが厳しい。
本体のお値段は従来型の次に安い。アクアシステム社のアクシーが100Wを超える本体を出しています。
球の交換は10ヶ月ほどが推奨されています。
メリットはメタハラより安いこと。海外では色の種類が多い。

3、インバータライト
チャームさんで販売している蛍光灯具。従来型と本体の性能が違うらしい・・。いまいち性能がわかりません。
お値段はT5より高いのでどうなんでしょうか・・人柱PLZ。
球自体は従来型を使えるぽいです。

4、パワーLED
最近出てきた灯具。蛍光灯より指向性の高い光を発することができ、メタハラのように水のゆらぎで影ができるらしい。パワーLEDの日本での現在の主流は水槽の上に乗せるものではなく、スポットライトで照らすもの。
E26の口がついたスポットライトにLEDを装着して使う。
蛍光灯より少ないW数で強い光が出せるらしい。が、波長の種類が少ないのが弱点。またUVが出ない。
LEDは急激に改良されていっているので買う時期が・・・。いいのが出ればLEDがいいです。
球の寿命はもっとも長く、5年は使えるとのこと。

5、メタハラ
ミドリイシなどの強力な光が必要なサンゴに向いている灯具。価格は高い。
球の交換は10ヶ月~12ヶ月くらいで交換することが推奨されています。
強力なW数を使うのと、熱がダイレクトに水槽に入るため水槽内が熱くなるのがデメリット。
メリットはいうまでもなく強力な光。

ここから水槽の様子・・・・

サンゴイソギンさんなのですが、本日の昼間には開いてました。夜になるとまた・・・縮んでます。
suisou05022.jpg
カクレ大が無理やり入ろうとしてますね!
表現がしずらいのですが、この様子を観察しているとどうも足の部分を折りたたむようにして縮んでいるらしく、
こちらからは全く様子を観察できません・・。困ったもんだ・・・。

ちびカクレは復活したウミキノコさんをいじってましたが、あまりに小さかったためあきらめたご様子。
しかし・・ウミコノコさん・・次から次へと災難ですね。。
suisou05021.jpg
次のお休み候補を探すちびカクレ・・・。

↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
生物大量投下
<< old
イソギンネタばかりであれですが・・

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1292-2c4f3bad

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。