赤毛のエイリーク::人物列伝
FC2ブログ

赤毛のエイリーク

2005-09-17 ; 人物列伝

さて・・ビザンツの歴史に突入するかと思いきや、最近気になってるザクのような肩に角がある鎧を見て、それが赤毛のエイリークの鎧らしいということで、エイリークについて少し見てみます。

●赤毛のエイリーク
エイリークはノルマン人(バイキング)出身で、アイスランドに移住した後、殺人事件をおかし、3年間の追放の罪に服すことになる。
この追放がきっかけで、彼の壮大な冒険が始まるのであった。
その前にノルマンについて少し詳しく見てみると、
■ノルウェー系ノルマン(バイキング)
ノルウェー人は、8世紀末には、ブリテン島北部の島々(シュトランド諸島についてはトラックバック先のハイブリ様のとこで発見SSあります)、にあらわれここを根拠地とする。記録に残るノルマンの初の襲撃を起こしたのがノルウェー人であった(783年に北イングランド東沖の修道院を襲撃)。
その後、アイルランドやイングランド西北部に定住する。
また、今回の主役エイリークは、ノルウェー人。
■デンマーク系ノルマン
一般的にバイキングで想像するのは、彼らデンマーク人。北部フランス、イングランド東部に侵入し、フランスではノルマンディーを支配。その後、ノルマンディー公ウイリアムがイングランドを占領する。
この二つとは別に、スウェーデン人は西欧に侵入することなく、主に東方地域と交流を持つ。彼らをバイキングとは通常呼称しない。

さて、話を元に戻すと、アイスランド追放の刑に処されたエイリークは、この間にアイスランドよりさらに寒冷な島を発見する。アイスランドは地名が「アイス」とつけてしまったため、思うように人口が増えなかった。そのため、エイリークはこの島を「グリーンランド」と名付ける。
そうして、エイリークは服役中にグリーンランドを調査。刑が終ったあとには、アイスランドに戻り985-986年にかけて、入植者をつのる。
このグリーンランドの入植なのだが、最盛期には約280ほどの農場があったと伝えられる。しかし、気候の悪化もあって13世紀以降衰退し、1500年ごろには無人島となる。
ここから先は、伝説の範囲であるが、エイリークの息子レイブは、ニューファンドランド(アメリカ大陸ですね!)を発見・調査(1000年ごろ)し、殖民活動を行うが、現地住民との衝突などの理由から失敗する。(ヴィンランド伝説)

エイリークをはじめとしたノルウェー人は、中世の偉大なる冒険者であったのです。今後、アメリカ大陸実装時には、ヴィンランド伝説のクエストが出ないか楽しみです。

本日はINできてませんので、商館在庫情報はなしです。

  • ランキングにクリック応援していただけたらうれしいです。
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    魔女裁判官ジャン・ボダン
    << old
    ビザンツの歴史 レビュー

    Comment

    ハイブリ : 2005年09月17日(土) 18:58 URL edit
    はじめまして~
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    私も歴史好きなので、めけさんのブログはとても興味深い内容が多く楽しみにしております。

    いつものように「フムフム・・・」と読んでいたら自分の名前が出てきたので一瞬誰のことかわかりませんでしたw

    リンクはらせていただきました~
    サーバーも一緒なのでゲーム内でお会いできた時はよろしくです。
    めけ : 2005年09月18日(日) 02:19 URL edit
    ハイブリさん>>
    いきなりのトラックバックすいませんでした。。
    本人は冒険スキルへぼいので、ああいうのをかいてくださるとすごく参考になります!!
    今後ともよろしくです^^
    ハーレム : 2005年09月28日(水) 00:46 URL edit
    ふと気づいたんですが、この系統の鎧に
    幸運のレイヴというのあるんですが
    ということは、これはエイリークの息子から取ったんでしょうね。
    わたしのブログにも書いてますが、まだ何種類もあります。
    それぞれの繋がりがすごい気になる・・・。
    めけ : 2005年09月28日(水) 00:59 URL edit
    なるほど・・いろいろあるみたいですね・・・・。
    今度しらべてみますーー。
    レイヴはここからとったとおもいます。
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/128-ee3903c8

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲