スポンサーサイト::スポンサー広告 続・カクレクマノミを飼いたい::雑記

続・カクレクマノミを飼いたい

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
疫病オンライン
<< old
海水魚を飼う資金計算してみました

2010-01-30 ; 雑記

DOLのほうは、江戸開港をあきらめ早々にヨーロッパへ帰りました・・・・・。
アジア-日本は操作が忙しいのと、ちょうど芋1680で清酒930くらいもらえましたので、ボルドーへ帰還。

さて、昨日商品をいろいろあさりましたが、結局モナコ式水槽でいこうと思いました。

・結論
オーバーフロー水槽を実装できないので、ろ過が海水魚水槽としてはどうしても足りません。
ですので、水槽内でろ過システムが構築できるモナコ式+嫌気バクテリアが充分に繁殖する稼動半年までは
外部フィルターとこまめなかん水で補うこととします。
その後も外部フィルタは不足するであろう、ろ過を補います。
モナコ式が完全に立ち上がれば、60センチ水槽で飼育できるはずです。(理論上は)

次に、水流をつくるためにパワーヘッドを商品購入リストに足しました。外部フィルタだけでは水流が不足し、底床部分の表層好気バクテリアが繁殖しない可能性があるためです。

プレナム床の作成は、ホームセンターでバンチ板を買うより、底面フィルターを代用したほうが安かったのでそちらを商品一覧に加えました。

最終的な商品選定は「全文表示」から。

↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。お暇な方はクリックしてってくださいな(∵)
お店はcharmで決定。
いろいろネットで販売しているお店を調べましたが、どの商品も一番安かったです。

◆基本セット
水槽
RG-60(60×30×40cm) 2000円 特売
フィルター
テトラ オートワンタッチフィルター AT-75W 3580円
底面フィルター(プレナム用)
《お一人様2点限り》マルチベースフィルター L 549円*2個 特売
幅420×奥行き140×厚さ15(mm)
マルチベースフィルター S (30cm水槽用) 449円
ろ過材 1000円 削る?
ライト
《パッケージ無し》NEWツインライト600 2990円
(蛍光灯なし?)
《お一人様1点限り》テトラ IC サーモヒーター 200W IH―200
2000円
パワーヘッド
エーハイム コンパクトポンプ 1000 50Hz(東日本用) 2165円
水槽台
テトラ 木製キャビネット CB―60(45~63cm水槽用 色:ブラック)
ただし奥行き32。 6000円
プロスタイル 600S ブラック 5999円 特売
60cm水槽用組立2段台 ブラック 2990円
扉付きキャビネット S・600 (クロ木目) 木製 3999円
■このセットの合計は、17272円(キャビネ一番安いの。キャビネで+3000円)

◆メンテナンス
タイマー 600円
比重計 1000円
水温計 
デジタル水温計 629 水温計 369円
試薬
亜硝酸測定(NO2) 780円
硝酸塩測定(NO3) 1200円
水かえグッズ
網 100円
プロホースSプラス 599円
スポイト 200円

計 5477円

◆その他 DIYなど これはホームセンターで。
・プレナム板用  
100円均一の布で網を代用。100*4くらいか?網のがやすければ網。
・便利なもの
バケツ*2 100円均一で2つ。
アルミテープ 100円くらい
ビニールテープ 100円
電源タップ 1000円

計 1800円くらいっすね。タップとか網とかもっと安くできそう。
プレナム板の自作素材を100円均一で見つけれれば大幅にコストダウン
できますね。

◆生体

サンゴ砂 ミディアム 9リットル 1800円 (5センチ分)
サンゴ砂 スモール 9リットル 1800円(なければミディアム)
場合によっては ライブサンド 3リットルほどほしい。2500円
スモールより小さい砂をアラガライブにかえたら、4790円。
お値段は、最低3600円、ライブサンド入れると6100円 アラガにすると6590円

海水の元
100リットル980円

ライブロック
一番小さいの一個 780円 品質はそんなよくなくていい。
土中に埋めて餌になるし・・。
アラガライブ使うならいらないと思う。

計 5360円 又は 7860円

となると、安いコースにして
合計 29909円
カルキ抜きはサービス品で。

パワーヘッドと試薬を追加したんですが、安くなった!です。
これが値段限界かと・・・。

あとは、後ほど海水の元と餌、ライブロック(5キロ)、カクレクマノミ(ペア2匹)、ヤドカリ(2)、シッタカ貝(2~3)を足す必要があります。
嫌気バクテリアが繁殖後(半年後以降)にはイソギンチャクも欲しいですが、照明が貧弱なので・・どうでしょう。
また、生体は近くのショップで買う予定ですので少し高くなるでしょう。

参考までに、charm価格は・・・
・海水の元 750リットル 5850円
・◎ライブロック M-Lサイズミックス 5kg (形状お任せ)7000円
高いですが、ライブロックの品質をけちるととんでもないことになります。最悪の場合、水槽内の生物が死滅します。
・◎カクレクマノミ(国産ブリード)(海水)(2匹)1890円
・ヤドカリはお好みで・・まだ考えてません。
・◎シッタカ貝 Sサイズ(海水)(2匹)580円
・サンゴイソギンチャク 1280円

生体は1万ほどかかりそうです。(ほとんどライブロックですけど・・・)
関連記事
Entry Status
New >>
疫病オンライン
<< old
海水魚を飼う資金計算してみました

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1227-6145c076

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。