スポンサーサイト::スポンサー広告 カクレクマノミを飼いたいです::雑記

カクレクマノミを飼いたいです

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
海水魚を飼う資金計算してみました
<< old
海賊対策

2010-01-27 ; 雑記

ゲームの中ではたくさん釣りをしてますが、実際に海水魚を飼いたい熱が再熱してきました・・。

今回のエントリーはDOLとは関係ありませんので・・興味ある方だけお読みください。
わけのわからない用語がたくさんでてくるうえ、読者を無視した構成ご容赦ください。

◆全般
海水魚の飼育は、熱帯魚に比べてお金がかなりかかります。
生体自体の値段やら、海水の元・各種添加剤などのメンテナンス費用も熱帯魚より高いのですが、
それ以上に熱帯魚では充分なろ過機能でも海水魚では全然足りません。
また、熱帯魚に比べ、海水魚は各魚のなわばりが大きいため、熱帯魚では10匹ほど飼えていたものでも2匹くらいしか飼うことができません。
もう一つ、海水世界といえばサンゴなんですがこのサンゴもお金・メンテナンスの手間がかなりかかります。
淡水の水草とは手間が全然違います。

さて、海水魚で一番の問題となるのは、水を綺麗に保つためのろ過です。
生体にとって有害な物質を取り除く必要があるのですが、これが非常にお金がかかる・・。

◆ろ過の種類
水の中にある有害物質を取り除くためにろ過装置があります。以下いろんな種類をざくっと。
・外掛け式フィルター、上部フィルター
熱帯魚では一般的なものですが、この二つでは全くろ過能力が足りないそうです。
・外部フィルター
上の二つのフィルターに比べ、性能は高いです。これだとなんとか飼育可能ですが、長期飼育するには最終的にオーバーフロー方式にするほうが望ましいらしいです。
参照は以下、詳しく書いてます。
http://home.s07.itscom.net/nuts/siiku.html

ちなみにオーバーフロー方式のセットを購入すると、最低でも8万は飛びます。

えー、無理です

これを克服するためにはろ過の仕組みを理解しなければなりません。
魚の排泄物や餌の食べ残しは、たんぱく質・アンモニアになります。
アンモニアは魚にとって有害ですが、これを好気性バクテリアがアンモニアを亜硝酸塩(NO2)に変換します。
さらに、好気性バクテリアは亜硝酸塩(NO2)を硝酸塩(NO3)に変換します。
好気性バクテリアを住み着かせるのがろ過装置です。
硝酸塩は水槽の水を交換することで取り除きます。高濃度になるとサンゴにとって好ましい環境ではなくなるそうです。ですので、取り除きます。
また、嫌気性バクテリアは硝酸塩を無害な窒素に変換し空気中に放出してくれます。自然界では嫌気性バクテリアがいるので硝酸塩はたまらず、窒素になるわけです。

で、この自然界の流れを再現しろ過を行ってしまおうというのがナチュラルシステムといわれる方式になります。

ナチュラルシステムには大きく分けて二つの方式(ベルリン、モナコ)があります。

この方法を使うなら、さきほどのオーバーフロー方式を使わずとも長期飼育が可能だそうです。
しかしナチュラルシステムは初心者にはあまり向かないそう・・。
しかし!資金がないので、もし海水魚を飼うならこの方式にするしかありませんね!

で、
ベルリン式について書かれたHPは、
http://room210.cool.ne.jp/acua/cheep_bt/cheep_bt1.htm
モナコ式について書かれたHPは、
http://homepage2.nifty.com/room704/osamu/osamu.htm

底にサンゴ砂を厚く敷き詰め、嫌気部分を作りそこに、嫌気性バクテリアを住み着かせ、表層部分は好気性バクテリアを住み着かせるみたいです。
それに加え、ライブロックという細かい生体がしき詰まった岩を設置し、好気性バクテリアを補うそうです。

注意点は、硫化水素が発生する恐れがあること。これ出たらかなりまずそうですね・・・。

モナコ式のほうがベルリン式より安く済みそうですが、難易度がより高そう+飼える生体の種類が少なそうです。
とはいえ、飼いたい生体はタイトルのカクレクマノミですのでどちらでも飼えそうですね。
(できれば・・・イソギンチャクも・・)

いくらくらいかかるのか見積もってみます・・。
続きがあれば・・また書きます。


↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。お暇な方はクリックしてってくださいな(∵)
関連記事
Entry Status
New >>
海水魚を飼う資金計算してみました
<< old
海賊対策

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1225-c1ba2d76

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。