バオール::雑記
FC2ブログ

バオール

2009-09-07 ; 雑記

ひさしぶりに・・・こういうゲームをしてました。

んー熱中しましたが。。

やはりくそゲーですね!

・戦闘システム
当時としても・・微妙。エンカウントも激しく多く、スムーズに進まない。。
1戦闘ごとにかったるい。

・グラフィック
微妙・・。良くも悪くも普通。
スーファミとしては及第点?

・移動・その他システム
動かしずらくはないけど、よくはない・・。

とにかく、戦闘のバランスが悪いので・・、きつい・・しかし・・

ストーリーだけは素晴らしいです。

以下宣伝文句のストーリー

──古のギリシア。
何百年とつづく平和な世界。
人々の心の中には、「苦しみ」、「悲しみ」などという感情が、何代もの祖先にまでさかのぼらなければ見出せないほどに、安穏な時代はつづいていた。
何百年も前からずっと……。
天界に住まう神々も、人々が穏やかに、平和に暮らす地上の楽園を眺めるにつけ、自分たちが創造した世界が、正しい歴史を刻んでいることに、
大いに満足していた……。

しかし、そのような時代にも、常に地上に、そして、そこに暮らす人間たちに、じっと目を凝らす神がいた。オリンポスの神々の最高神であり、全世界の偉大な創造主である大神ゼウスである。
彼は片時も離すことなく見開いた目で地上を見降ろし、たとえ小さな変化といえども見過ごすことなく、常に地上界を注目していたのだった。
そして、ゼウスの目は、平和の楽園に、徐々にではあるが、変化の兆しが訪れていることを見逃さなかった……。

生命のほかにも、人間たちは多くのものを神々より授かった──愛、夢、希望、勇気……、──が、しかし、人間の心を揺るがし、人間を動かしていたものは、ほかならぬ神々より受け継いだ“欲望”であった。そして、“欲望”の行きつく先は──当然のことだが、──神々自身はよく知っていた……。

大地の女神・ガイア──外に「生の世界」を、内に「死の世界」をもつ母なる大地は、人間の欲望のために病み、傷つき、その結果、二つの世界の境界を維持することが困難になりつつあった。

傷ついたガイア!?
激しく動揺する大地。地上にはいくつもの穴があき、それはいつの間にか「死の世界」にまで届いてしまっていた。そして、そこから這い出した魔物ども──彼らは「死の世界」の住人!? ──が、人々を襲い始めたのだった!!
ゼウスは地上を見降ろしながら、思いをめぐらしていた……。
人間たちへの愛情は否定できない。しかし、それはガイア──母なる大地があればこそのこと。ガイアは今、傷ついている。そして、そのガイアを傷つけたのは、ほかならぬ……。
ゼウスは決断をくだした。
今、もっとも重要なこと、それは大地を救うこと、人間はもう一度創造(つく)ればよい!!
心を決めた“すべての支配者”は、オリンポスの神々を集め、話しを始めた。
“ガイアを救うのだ!!”



うん。どこにでもあるような平凡なス売り文句ですね!

このグラフィックと戦闘システムを見て、なおやってみようと思った奇特な人も、
やってから1時間とたたず、やる気をそがれるでしょう。
戦闘のだるさに・・・・。

このゲームがおもしろくなるのは、最後の最後です。
いろいろ散りばめられた伏線が、最後の最後に全部つながります。
そこまで耐えれた人のみがこのストーリーを味わえます。


↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
マニアック度チェックチェック
<< old
ついにときはなたれた・・・

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1140-48350fe3

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲