スポンサーサイト::スポンサー広告 理論値から来る同盟港 気が付いたこと::雑記

理論値から来る同盟港 気が付いたこと

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
DOL復帰
<< old
理論値から見る同盟港 その7

2009-08-28 ; 雑記

いつのまにか長編になってしまったこの考察・・・・。

理論値とは?
・領地を元に扱いやすい交易品やスキルを算出する。
・領地を元に位置関係で近い港の優先度を高くする。
・各国の投資能力は一定とする。
・各国の利害関係は全て領地を元に算出する。

とかなり現実とは薄利してますが、これを元にするとおもしろい利害関係が見えてくるかもしれません。

書いた後に気が付いたことがいろいろありました。。

◆ハンブルグの宝石細工
宝石細工は南米両岸のみで高く売れるという癖がある交易品。
ナポリしか見てませんでしたが、ハンブルグでも販売してます。
これがあることで、北海二国の南米へのメリットが増します。
なので、リマはベネ・フラにとってだけでなくイング・ネデにとってもメリットが高くなります。
トゥンベスもあるので北海二国には優先度の高いエリアになっていると理論を立てた段階では織り込んでませんでした。
とはいえ、工芸品スキル上げを考慮すると、ベネの優位は変わらないと考えますが・・・。

◆真珠と金の利益
北海における真珠の利益は、イタリア圏における金の利益に並ぶものがあります。単価としては真珠のほうが利益が高いようです。
金交易の場合、中米・南米まで行って金を買い付けるなら、カテゴリークエを平行して行えますので、その分の利益が上乗せできます。
それを考慮すると、どちらがいいのか判断に難しいところ。

◆ポトルベロの存在
サーバーによっては、ポルトベロで往路の交易品を売ってしまい、運河を通ってリマというパターンもあるようです。確かに中米販売価格と南米西岸の販売価格があまり変わらない交易品もありますので、時間短縮には有効かもしれません。(特に小国の場合。中米領地が近くにあればなお有効ですね。)

◆オスマンの交易
同盟港を考察していると、オスマンの勢力圏も若干ですが見えてきた気がします。まだまだ発展途上といったところですが。。

◆各サーバーのフランスの違い
私がノトスフランスのため、他サーバーのフランスの動向は気になるところ。
ベイルート+ファマガスタを取得しているサーバーもあったり、ボレアスにいたっては、ジェノ・ピサ・カルビを取っていたりとノトスフランスとはまたちがった交易路を確保しています。
EとZサーバーは、ベイルートを確保していることから、往路にダマ織・ベルベット両方を利用しているようです。しかしながら、復路の同盟港を確保していない様子ですのでカイエンヌで我慢するか他を確保するか難しいところのようですね。
むしろ、マラカイボとリオデジャネイロの影響度がほとんどありませんので、香辛料交易に精を出していそうです。
香辛料交易となると、ダマ織・ベルベットに加え、銀細工も使えますので選択の幅は広がります。

まとまりきってませんが、これでこのシリーズはいったん終わりとさせていただきます。
長々とありがとうございました!

↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
DOL復帰
<< old
理論値から見る同盟港 その7

Comment

R Schmitt : 2009年08月30日(日) 16:49 URL edit
いろいろ難しいですよね。

(対西岸宝石細工の場合、)例えば、リマが各国の取り合いの様相を呈しているのだったら、
ランバイェケやコピアポなどの周辺の港を安定的に確保した方が結果的に恩恵が大きい
場合もあるでしょう(暴落するけどね)。

他の6カ国はほぼ方向性が決まっているのに対して、フランスはよく言えば選択肢の幅が広い(悪く言えば…)ので、各鯖の違いが面白いですね。
めけ : 2009年08月30日(日) 21:52 URL edit
R Schmittさん>>
フランスは領地の不利があり、特化したことができないのがつらいとこですね。
外洋の機軸となる港+周辺港をとることで機軸の港もいかせますので、同盟港は地域に集中させるのが効率はよさそうですねー
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1134-08afa9f7

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。