ジパング実装後の交易妄想 追記::雑記
FC2ブログ

ジパング実装後の交易妄想 追記

2009-07-27 ; 雑記

2009年12月にいよいよ日本が実装されます。(かなり遠いですが・・・)

日本と明(中国)が実装されると、既存の交易路と全くちがった交易路が模索されることになるでしょう。
EUからの距離は最大ですので、EU-極東間の利益は最大になることは予想されますが、今までにポルトガルのみがやっていたEU圏以外との中距離交易や、極東間(もしくは東南アジア)との近距離交易も既存のEU圏との中距離・近距離交易を凌ぐ利益を出すことも予想されます。

■交易品予想
・武具
青龍刀(明)、曲刀(既存)、日本刀(日本)、武者鎧(日本)、甲冑(明)など
・工芸品
中国画、水墨画、日本由来の強力な工芸品、漆器、青磁など
・宝石
鼈甲、ヒスイ、真珠など
・医薬品
冬虫夏草、明由来の医薬品など
・染料
ダイオウなど
・雑貨
工芸品には含まれない日本由来のものが実装されるかも。筆とか。
・嗜好品
茶、緑茶など
・酒
清酒、虎骨酒など
・貴金属
銀、金など
・織物
絹織物、着物、武士袴など
・その他
既存交易品の木材や鉄鉱石、黒檀などなど

と思いつく限り浮かべてみました。
・日本の中で注目する交易品目予想は、「織物」「工芸品」「武具」
・明の中で注目する交易品予想は、「武具」「医薬品」
貴金属は、極東内での近距離に使えるかもと予想。

■交易路妄想
・明-日本間の近距離
日本より工芸品・織物・貴金属(銀は史実どおり)を運び、明から織物(絹織物は史実どおり)・医薬品・武具などを運ぶ。
・極東-東南アジア間の中距離
日本より工芸品・織物・貴金属を運び、東南アジアより香辛料・宝石・香料・マスケット(生産)を運ぶ。
・極東-インド間の中距離
日本より工芸品・織物・武具を運び、インドより宝石・織物(ベルベット)・香料・貝紫を運ぶ。
東アフリカから行く場合は、サイカクもいいかも。
・極東-オーストラリアの中距離
日本からオーストラリアの往路で利益が出せそうな交易品が思いつきません・・・。
なので没かな。
・極東-中米西岸
日本より工芸品・武具を運び、バカ・インカローズなどを極東に。

中距離がどうなるか予想できませんが・・・・、
極東実装に伴って有力な交易スキルは・・・
「工芸品」「武具」がトップ
「織物」が次点
中距離・近距離次第では、「貴金属」「医薬品」「宝石」「香辛料」でしょうか。

さてさてどうなるやら・・・・。

↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。

※追記
ひとつ重大なことを忘れてました・・。
書く段階ではメモとってたのですが、バカ追加で強化されたように現状EU圏でしか売られていない交易品かつカテゴリー3か4を使う(コウエイ的に高利益を想定している交易品種)を一つ忘れてました。

それは・・・「美術品」です。

美術品は現在EU圏内でしか買えず、外部では有力な交易品がありません。
(武具にも言えることですが・・)
今回武具と共に、追加されるとしたら美術品も有力な交易品だと予想します。

EUから見た極東(日本)の品物でもてはやされた代表的なものは武具もそうですが、美術品のほうが有名かと思います。

浮世絵などに代表される美術品は強力な交易品になりそうですね。

冒険クエストでも、美術がEU以外で追加されるかもしれません。
関連記事
Entry Status
New >>
元老院に就職するには・・。
<< old
次チャプターではついにジパング!

Comment

アマッツィオ : 2009年07月28日(火) 19:58 URL edit
まさにそうですね!工芸品と武具は大注目ですよね。特に武具は大活躍しそう。日本刀は売れるでしょうねぇ。私なら絶対買いますもの。今から武具取引は鍛えとかないと!!です。!
めけ : 2009年07月28日(火) 23:34 URL edit
アマッツィオさん>>
武具は確実にきそうです。本日追記あげましたが、工芸品か美術のどっちかがはずれな気がします。。。
ポル冒険軍人 : 2009年07月30日(木) 17:24 URL edit
中国画はむかーしむかしインドと同時に実装済みで、地図で少量出たと思いますが。
工芸品ではなく美術品で、しかも名産ですね。
ヴェネ人には美術取引カンストもいるので、トゥンバガのような独占交易になるかも。

乳酒、象牙細工も同様に先行実装されてます。
めけ : 2009年08月01日(土) 23:12 URL edit
ポル冒険軍人様>>
そういえば・・中国画は美術でしたね・・・。
ともあれなにがくるか楽しみです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1118-615ccd68

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲