スポンサーサイト::スポンサー広告 ノストラダムス DOLNPCシリーズその14-2::人物列伝

ノストラダムス DOLNPCシリーズその14-2

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
ミスオンラインゲームコンテスト
<< old
NOTOS FRANCE WIKIの捕捉

2009-07-24 ; 人物列伝

ノストラダムス DOLNPCシリーズその14を覚えてる方はいるでしょうか・・。本人忘れてました・・。

前回はノストラダムスの予言について少し見てみました。
彼は実際のところどんな人物だったのか・・を今回はみてみましょう。

◆ノストラダムスの簡単な経歴
ノストラダムス(1503-1566)は、フランス生まれで、アヴィニョン大学教養課程を卒業後、後にモンペリエ大学医学部(きのこきのこー)を卒業。
その後、スカリジェに招かれアジャンという都市で医者家業に精を出す。アジャンで結婚をし子供を儲けているが、後に妻子はペストで死亡したと言われている。(真偽は定かではない)
そのショックからか放浪生活を送り、南仏へ遍歴することに。
マルセイユでルイ・セールという医者を師事したり、囚人を診察したりしながら凄すこともあり、同じく南仏の都市エクスで敵である?病ペストが流行したときに、ペストに立ち向かったりした。
(伝説にあるように完璧な治療・根絶を行ったという根拠はないです。不治の病ペストに感染することも恐れずに立ち向かったということだけは事実のようです。)
その後、1550年から17年間毎年「暦書」と呼ばれる1年間の占いの本を出し、これが多いに売れたことで有名になりその後は占星術師としてうさんくさい予言を施したりしている。
当時から予言の的中率はよくなかったらしく、いろいろな人から苦言を呈されていたようだ。
医師としての活動も占星術師としてがんばる傍ら続けていたようでいくつかのノストラダムスによる診察の記録が残っている。

■医師としてのノストラダムス
医者としてはアジャンで医師のキャリアを積み始めてから精力的に活動しており、一定の評価はなされている。腕はともかく、感染すると死が免れないペストに対し勇敢に立ち向かったプロ意識が非常に高い医者だったようである。
・「化粧品とジャム論」
化粧品とジャム論というタイトルを見ると、医学について何も書かれていないように思えますが、
この本は二部構成になっており、前半が薬品の処方箋について。後半がジャムのレシピについて書かれています。
前半部には衛生法やペストの治療薬について書かれていますが、治療薬については現在の研究結果から効果はないものとされています。

■占星術師としてのノストラダムス
暦書は好評を博し、17年にわたって毎年刊行されていますが、大衆は当たるも八景当たらぬも八景といった様子で読んでいたようです。
現在で言うところの、占い本みたいなものですので一定の需要はあったかと。
中にはフランス王妃かトリーヌのような熱狂的なファンもいたようで、王侯貴族相手に占いをしたりして好評を博したようだ。

こういったことを見ていきますと、勇敢な医者としての側面と怪しげな占い師としての側面の両面を持つ人だったみたいですね。
当時から占いに関しては懐疑的だった様子で、一部熱狂的ファンがもてはやした・・というのが占いに関する事実に近いような気がします。

↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
ミスオンラインゲームコンテスト
<< old
NOTOS FRANCE WIKIの捕捉

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1115-3df1ba72

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。