ジャン・ラムジオて誰??::人物列伝
FC2ブログ

ジャン・ラムジオて誰??

2005-08-31 ; 人物列伝

カルカッタで縫製修行をしていると、謎のフランス国籍の船を発見。
ナオに乗るそのNPCの名前は・・ジャン・ラムジオ・・何者なのでしょう??
jan.jpg
さっそうと駆け抜けるジャン氏。ナオでここまでくるとは、その心意義に脱帽だ。

●ジャン・ラムジオ
フランスの航海士。大航海時代2・外伝に登場する架空の人物・・・。
検証できませんよ・・。

・・・・・これだけじゃあれですので・・・。パリの街のお話でも・・。

●パリの街
紀元前3世紀ごろ、この地に住み着いたケルト系パリシィ人たちは、現在のパリの中心部である「シテ島」に住み着いた。そして、パリシィ人たちは、外敵から身を守るために、城壁を築いた。
次に紀元前1世紀ごろ、この一帯を占領したローマ人がシテ島に入り、パリの街の基礎を築く。
508年にはフランク王クロヴィスがシテ島に王宮を造り、セーヌ川の沼地一帯を開拓する。
このようにして、シテ島を中心に街は円形に広がっていく。
中世になって、城塞都市パリができあがったわけだが、その際も、元々パリシィ人たちが築いた城壁が円形であったので、それより一回り大きな円形の城壁を築き、パリの街は円形の城塞都市となる。
その後も幾度も外へ外へと城壁がつくられることになり、現在にいたっても、パリの街は円形の街になっている。

しかし、ラムジオで語ろうと思いましたが・・架空の人物だったとは・・・ショック!

続きの部分は商館情報です(商館情報はノトス鯖です)。

ランキングに参加中です。FFにまけるな!大航海ブログ!
  • 人気ブログランキング(クリックで投票できます)
    ジーニアス東郷の商館情報(チュニス6番商館)

    8/31 0:30現在
    ■羊肉
    ■野うさぎ
    ■木の実
    ■木材
    ■植物油
    ■トーガ
    ■監察官トーガ
    ■サテン制ラフカラードレス
    ■枢機卿杖
    ■ディンガの指輪
    ■銀の手鏡
    ■金のスカラベ
    ■神秘の香辛料
    ■名医の秘薬
    ■鶏丸焼きにんにく詰め
    ■子羊のロースト
    ■チーズケーキ
    ■酒造秘伝・第2巻
    関連記事
  • Entry Status
    New >>
    メゾポタミアの新年祭
    << old
    交易品なしで生きるINえうろす その3

    Comment

    : 2005年09月19日(月) 23:34 URL edit
    ジャン・ラムジオのモデルは、おそらく『東方見聞録』を編纂・出版し、自らの著書『航海と旅行』で中国茶を紹介したと知られる
    ジョヴァンニ・ラムージオという16世紀のヴェネツィア人ではないでしょうか。
    前作「大航海時代II」では、ジャン・ラムジオはイタリア国籍で出てますし、間違いないと思います。
    meke : 2005年09月20日(火) 00:30 URL edit
    情報ありがとうございます。
    たしかに、ジョバンニ・ラムージオという名前をフランス風味にすれば・・ジャン・ラムジオになりそうです!
    ヴェネチアの歴史には詳しくありませんので、まったく想像もつきませんでした。。
    Post a Comment









    管理者にだけ表示を許可

    Trackback

    http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/111-687675e8

    歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲