ネデとイングの領地::初心者用情報
FC2ブログ

ネデとイングの領地

2009-06-17 ; 初心者用情報

イスパニアを書いたので、イスパニアに次いで熱いと思われるネデとイングについてもメモメモ。

簡単にネデとイングの領地特徴を。

◆共通特長
北海地域に拠点を持ち、宝石・貴金属・トンバカ・アワイヨ・香辛料など、ヨーロッパ外から持ってくる交易品については、ほとんどの交易品が最も高値で売れる地域です。
ただ、香辛料はセビリア・リスボンなどのイベリア地域と価格差があまりなく、金(貴金属)については、地中海地域とほぼ価格は同じです。
宝石については、他地域より明らかに高い価格で売れますので、相対的に宝石が有利となってます。
また、ベネチアや東地中海に比べればヨーロッパ外部からの距離は近く、プリマスならマルセイユと距離かわんないんじゃないだろうか・・(となるとジェノバとロンドンが同じ距離くらいかな・・)
距離の割りに、交易品の販売価格が地中海地域(イベリアを除いた西地中海)より高いので、その点で北海地域は優位です。
カテゴリークエについても、北海発のほうがマルセイユ・ジェノバ発よりカテゴリーをもらえる量が多いです。
といいことづくめの北海。北海の領地は販売している交易品がどんなものでも、「優秀な売り場」として価値が高いです。

◆ネーデルランドの特徴
アムステルダムを中心に、フローニンゲン・ヘルデルが超近距離に密集してます。3つの港が密集しているので、売り場さがしにはかなり便利です。(全部相場が死んでても、倉庫にすぐ入れれますよね)
「売り場」としては、イングランドの領地4つに対し、ネーデルランドは3つですので、一見不利なように思えますが、その分お互いの港が近いのでむしろめんどくさくなくてネーデルランドのほうがいいかもしれません。
中・長距離交易をするだけなら、総合的にネデのほうが少しだけ優位かもしれません。

次にそれぞれの港の特徴を見てみましょう。
■アムステルダム
屈指の強力な港です。まず水晶がありますので、宝石耐性があります。さらに隣のヘルデルと超近距離ですので、ブメで宝石取引があげれます。
織物は3種あり、同じくブメで織物取引があげれます。アムステルダムは織物が一番量の買える港です。他国でも織物あげにはアムステルダムを使うほどです。

■ヘルデル
家畜が二種。ヘルデルの価値はアムステルダムとの距離にあります。

■フローニンゲン
これといった交易品はなし。売り場として・・。

■ウィレムスタット
金(交易品)が売っています。カラカス・マラカイボが近距離にありますので、ウィレムスタットの売り相場が駄目な場合でも近くで裁くことができます。
また、マラカイボにも金(交易品)が売ってますので、どちらか相場いいほうを選んだりもできます。

◆イングランドの特徴
イングランドはネーデルランドと違い、港がそこまで密集してません。(とはいえ、ロンドンとドーバーはかなり近距離ですが・・・。)
しかしそれぞれの領地で販売している交易品は、ネーデルランドより強力です。(ネデの場合はアムステルダムはいいのですが、ヘルデルとフローニンゲンにはろくなものがない・・・)
生産職人にとっては、ネーデルランドより優位だと思います。
中・長距離交易に関しましては、首都に水晶を持つネデに若干劣るかもしれません。

■ロンドン
工業品が4種(鋳造などに)、羊毛(縫製上げに)と生産に有用な交易品が販売しています。ビールも売っていますので、長距離のお供に。

■エディンバラ
ここでも羊毛(縫製上げ)が販売してます。他は家畜2種(これも縫製上げに使えます)、織物2種。

■ドーバー
売り物はたいしたことないですが、ロンドンとの距離が利点です。

■プリマス
鉱石3種+石墨+青銅(鋳造上げに)、孔雀石(宝石)があるので宝石耐性があります。
かなり有効な港ですが、目の前に他の港がないのが残念。。。

■グランドケイマン
これといった交易品もなく・・、あまり訪れることはなさそうですね。。場所もカリブですし・・。

ネデとイングの領地はどうでしょう?北海にあるという優位性は魅力的ですよね。どっかの国は首都だけ地中海価格で他全部イベリア価格なのとは・・大違いですね!



↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。
関連記事
Entry Status
New >>
管理ページが重かったので・・・て・・ぬ・・
<< old
商会特典(船窓事情)

Comment

あまり : 2009年06月18日(木) 00:50 URL edit
 はじめまして。

 前々から、興味深く読ませて頂いてました(FC2のランキング近いですし)。
 私はネデ人なんですけど、なんとなく辺境扱いされてる? みたいな感じがあって、でも縫製とか、いやそれ以外でも有利なとこあるよって言いたくて、でも上手く言えなくて……、その辺り、このエントリーで、すっきりと説明してもらった感じです。ありがとうございます。

 これからも、読ませて頂きますね(^^
めけ : 2009年06月18日(木) 23:41 URL edit
あまりさん>>
はじめましてー。
ネデはウィレムスタットで金が売ってますので、領地だけで交易を完成させれるという素晴らしい利点もあります。
同盟港0でも関税なしで戦えるなんて素敵ですよね。
: 2009年06月19日(金) 02:28 URL edit
長距離交易について考えると、買い付け港の関税や買い付け個数、有効値切り回数と比べ、
売り市場の関税、ふっかけのしやすさの効果が圧倒的です。

その辺の理由で私はメインキャラがネデ人なのですが、プリマスに共有倉庫を置いてますw


個人的には、ケベック実装(領土)はすべきだと思いますw
R SCHMITT : 2009年06月19日(金) 02:29 URL edit
↑私です^^;;
めけ : 2009年06月20日(土) 01:05 URL edit
R SCHMITTさん>>
売り場が領地ですと、圧倒的にふっかけがしやすくなります。失敗した場合でもネデの場合領地が密集してますのでやりやすいですよね。
ケベックがもし領地になっても・・カイエンヌと同じ孤立地にぽつんと・・と斜め上な気もしますがw
ひこ : 2009年06月26日(金) 02:17 URL edit
商会長いつもお世話になっております。

ところでアムステルダムの交易品-水晶-はガラス細工(工芸R6)にして売ると
名声が入るというおまけもついてきます。
その場売りでも工芸品耐性港なので便利です。

あと余談ですが、冒険職にとって考古・地理・宗教・財宝・生物(植物)の
報告ができるので北海では非常に利便性の高い港です。
めけ : 2009年06月28日(日) 21:17 URL edit
ひこさん>>
こちらこそーお世話になってます。
生産を使用した交易もおもしろいテーマですよね。
一度記事にしてみます。。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1088-86d58944

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲