スポンサーサイト::スポンサー広告 欧州からリオ行き交易品::初心者用情報

欧州からリオ行き交易品

-------- ; スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
New >>
リオでの相場調べてみました。
<< old
リオVSリマ

2009-04-25 ; 初心者用情報

欧州からリオ行き交易品は・・何を持っていくのがいいんでしょう・・?

これについては私の知識不足ですので、詳しい方教えていただけると助かります。

前提として、
めけ(NOTOS フランス)です。

運ぶものとしては・・・
●マスケット銃(イスパニア限定なので駄目)
●ベルベット(ピサ・ジェノバ)
●ゴブラン(カレー)
●琥珀(コペンハーゲン、ダンチヒ、リガ)
●ダマスク織(ヤッファ)
●ダマスカスソード(ヤッファ)
●トルコ絨毯(イスタンブール、カッファ)
値段の高いものとして、選ばれるのはこのあたり・・・・。
このうち琥珀とダマスカスソードはスキルがないため買えません。(知ってる方南米でどれくらいで売れるのか教えてください・・・)

では残った織物を見てみましょう。
トルコ絨毯は・・・遠いので現実的ではありません・・ので飛ばしますと、残ったのは三種類。
・ベルベット
・ゴブラン織
・ダマスク織
この三種になります。このうちベルベットのみが二港で取り扱っていますので、相場の安定度は他二種より高いです。
利益は、ダマスク織>=ゴブラン織>>>ベルベットとなります。
カテゴリー3の消費量まで考慮すれば、フランス国籍なのでゴブランのほうがダマスク織より利益が高くなります。
ベルベットでだいたい3.5M(+-1M)くらいの利益が出ますので、利益としては十分と思います。
ゴブランなどでしたら6M近く出たりもします!

そこで・・現実問題なのですが、ゴブランを使うと、マルセイユに行かなくなります。また、ゴブランがつぶれたときに宝石取引を持ってませんので代用がきかないです・・・・・。
次に、ダマスク織ですが、マルセイユからも遠く、売っている港がベイルートだけになりますので相場が駄目だった場合のショックが大きいです。
ベイルート到達までにジェノバ・ピサの相場をチェックできるので、あまり行かない港となってしまいます。
これに対し、ベルベットは二つの港で売ってますので、相場がいいときを選びやすくなります。
また、相場がいいときにマルセイユまですぐ戻れますので、アパルタルメントに保管することもできます。

なので、私にとってはベルベットを使うことがほとんどとなってきます。。。
琥珀は三つの港で売ってますので、相場選び安そうですね!また、マスケ銃は相場左右ありませんので、いつでも積めることが魅力です。(若干利益が・・・低いですが。)
また上記のダマスク織も、武具取引があれば同じカテゴリー3で買えるダマスカスソードも積めますので、利便性が上がると思います。

さて・・・皆さんでしたらどのような交易品を積んで行きますか?
ぜひおすすめありましたら教えてください。

↓ぽちっと一発。
FC2 Blog Rankingに参加しております。クリックするとランキングに投票いたします。
関連記事
Entry Status
New >>
リオでの相場調べてみました。
<< old
リオVSリマ

Comment

ハミルカル : 2009年04月25日(土) 09:48 URL edit
琥珀・ダマスク織まで視野に入れるのなら、イスタン行くのはそんなに距離変わらないので候補に残してもいいかと。それとカレーとコペン/ジェノバと東地中海共に、往復したら20分近く変わります。積む距離がそれだけ伸びるとなると相手のリオがヨーロッパから25分とかでも充分いけることを考えるとその20分がけっこう影響あるかもしれませんね。
めけ : 2009年04月26日(日) 00:42 URL edit
はみるさん>>
地中海は船の速度が遅いので、なるべくダマ織まで遠征したくないのが本音・・。トルコ絨毯は高い価格で売れる気がするけど・・つんだことないや・・・。
コペンはちょっと遠いですよねー。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://dolmeke.blog11.fc2.com/tb.php/1047-fc507342

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。