2007年07月::歴史ファンの大航海時代

Monthly Archives

2007年07月の記事

スポンサーサイト
...
--月--日 | スポンサー広告 | comment : -  | Trackback : -
花火占い+MMO成分分析
普通に更新するつもりが全く時間取れませんでした。というわけで季節物占い●花火占いリンク先は、こちら◆めけの結果・・あなたは「連続花火」ですスタミナ満点。多少のハードスケジュールでも難なくこなしてしまうあなた。芸域も広く、大抵のことはソツなくこなすオールマイティ・タイプだけれど、「器用貧乏」とも言い換えられちゃうのが悩みのタネ。才能の多くは趣味の領域に留まりがちで、何か1つの道を極めようとは思ってみて......
07月31日 | 雑記 | Comment : 0  | Trackback : 0 
鉄の皇帝バシレイオス物語 その8
陛下にとっての輝かしい実績の始まりは、陛下自身には幸せだったのか不幸なことだったのか陛下に一度聞いてみたかった。【ミルミル・ハミール著「我が皇帝」より】もうひとりのルーシ・ウラジミールはいずれ触れるとして、バシレイオスに話を戻すことにしよう。ヨハネス帝健在のころのバシレイオスは、少年から青年へと成長していた。彼は母が幽閉されてしまったことを快く思ってはいなかったが、母の華美をあまりに求めるところに......
07月31日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
ファンとケースを投入しました。
ゲームができないほど温度の上がっていた私のパソコン・・・・。まず恐ろしい温度をみてみましょう・・。●蓋を閉めた状態(ゲームしてないとき)CPU温度85度HDD温度60度●蓋を閉めた状態(ゲームしてるとき)CPU温度90度以上(計測不能)HDD温度65度●蓋全開ゲーム時CPU温度80度HDD温度55度●蓋全開+扇風機でゲームしていないときCPU温度55度HDD温度35度●蓋全開+扇風機でゲームしているときCPU温度65度HDD温度35度とまあものすごい温......
07月28日 | 雑記 | Comment : 6  | Trackback : 0 
鉄の皇帝バシレイオス物語 その7(二人のルーシ) 
かなり期間があいてしまいました。ああああの冒険とか書いてたので・・。前回までの記事は、人物列伝カテゴリーを参照にしてください。では、バシレイオス物語をお楽しみください。ルーシは炎のようだ。後々まで我々にそう思わせたのはスヴャトスラフがいたからだ。【ミルミル・ハミール著「ルーシ」より】まず、前回書ききれなかったスヴャトスラフ1世について軽く触れておく。スヴャトスラフ1世は、祖先ノルマン人(キエフ公国は......
07月26日 | 人物列伝 | Comment : 4  | Trackback : 0 
なぞなぞ 地上の扉と天国の扉
おっす。久しぶり。とはいってもまだまだ全く時間がないです。今週の週間少年●●ンプの某マンガで以下のようななぞなぞが掲載されていました。少し悩んだので、時間つぶしにといてみてはどうでしょうか?●問題地上への扉と地獄への扉があります。それぞれの扉の前には門番がいて、一方はうそしか言いません。もう一方は正直者です。あなたは、一回だけ質問をして地上への扉を当てないといけません。さあどんな質問をしますか?問題......
07月25日 | 雑記 | Comment : 6  | Trackback : 0 
時間が・・・ない・・
ここ二日間、引越しの家さがしで全く時間が取れず・・。DOLもできず・・・。というわけで土日の更新をお休みしました。明日から再開できればいいなっと。......
07月23日 | 雑記 | Comment : 0  | Trackback : 0 
パソコンの音と熱がひどすぎる件
タイトルのとおりなんですが、あまりの熱と音のためまともにプレイするのが厳しくなってきてます。熱がやばいのでついでに音も改善したいなと思ってます。みなさんのアドバイスを求む。まず、現在のパーツが全て音と熱が激しいものなのが問題なのはここではおいておいてください。●パーツ類について1、CPU PEN42、ビデオ RADEON9800PRO うるさいファン付き3、500W電源(エバーグリーン制)●考えられる静音・熱の解消プラン◆ケー......
07月19日 | 雑記 | Comment : 2  | Trackback : 0 
ああああとしかつのの冒険 そして伝説へ・・
いよいよ残すはゾーマの砦。さあはりきっていきましょう。まずは虹のしずくを使ってゾーマ城への橋をかけます。だいまじんを蹴散らし・・・、パパンと別れを告げ・・・ゾーマさまと対決・・・・。でも・・・しんだ・・・・作戦がまずいのか・・・・。と思い、しかつののメラゾーマ大作戦へ・・・●ゾーマ様のステータスHP4200くらい状態変化はルカニくらいしか効かない。いてつく波動で敵・味方共に全ての状態変化をかき消すのがや......
07月18日 | 雑記 | Comment : 6  | Trackback : 0 
斜め上のアップデート妄想的中・・・。
光栄さまより次回パッケのアップデート情報がきましたよっと。歴史ファンでは以前要望妄想を垂れ流していました。その中で斜め上的中したものを抜粋。1、白地図(宝の地図)機能が欲しい。ユーザーイベントで使えるように地図をいくつかに分けてどこかに隠す。なんかできたらいいな。2、商会単位で農園・牧場の経営をしたい。商会単位でできることを増やしたい。3、サーバーをまたいだバトルフィールド(海戦専用のエリア)が欲し......
07月18日 | 雑記 | Comment : 0  | Trackback : 0 
ああああとしかつのの冒険 その4
ベホマを覚えるまで辛く長いレベル上げをこなしたああああたちは、再びバラモスへ挑んだのでした。はらわた喰らいつくすとかいってますが、こっちは辛いレベル上げのせいではらわたが煮えくり返っています。で、結果的にレベル上げすぎた模様・・・。楽勝でした・・。★バラモス様対処法1、最初のターンは厳しい攻撃を連続でしてくるのでアストロンで飛ばします。2、バラモス様は5割くらいの確率でお眠りになります。「ねむりのつえ......
07月16日 | 雑記 | Comment : 0  | Trackback : 0 
ああああとしかつのの冒険 その3
もういいとか言われてますが、しつこく更新。ああああとしかつのは表面上仲良く冒険していました。(ああああがしかつのを快く思っていなかったようです。)そして、ついにガイアの剣を手に入れたああああ一行は、ネクロゴンドの洞窟へ乗り込みました。たいした苦労もなくシルバーオーブを獲得。故郷アリアハンに中途半端な状態で帰還したああああ一行を見る目は、はやく魔王倒せよという冷たい目線でした。そんな目線を感じながら......
07月16日 | 雑記 | Comment : 5  | Trackback : 0 
ああああとしかつのの冒険 その2
なにげに続いてしまいました。ああああとしかつのは、なんのかんのと冒険をし、船を手に入れます。一人だと辛い冒険も二人だと安心です。でも、しかつのが活躍するのでああああは快く思ってないことはいつものことです。そんなああああを無視して冒険は淡々と進んでいきます。かなり危ない目にあいながらもいかづちの杖を手に入れた勇者一行は、修行の地ガルナの塔でメタル狩りに行きます・・。これで大陸では無敵になるはずでした......
07月14日 | 雑記 | Comment : 3  | Trackback : 0 
ああああとしかつのの冒険
ああああが16歳の誕生日のことでした。ああああは突然勇者とか言われ、旅に出るよう強要されてしまいます。仲間をルイーダの店であつめるように言われましたが、人と接するのが苦手なああああは、しかつのと二人で旅に出ることにしました。なぜか妙に敵が強いなと思いながら・・・、レーベの村へ到着しました。やくそうがないと全く先へすすめなさそうなので、お金をためることにしました。しばらくして・・ああああはあることに気......
07月13日 | 雑記 | Comment : 3  | Trackback : 0 
鉄の皇帝バシレイオス物語 その6
ヨハネス帝ほど人使いの荒い皇帝も珍しい。帝は能力の限界まで搾り出すことを常に要求した。【ミルミル・ハミール著「回顧録」より】969年ヨハネスは、ヨハネス1世ツィミスケスとして即位する。このときバシレイオスは11歳にまで成長していた。ヨハネスは愛人関係にあった皇妃テオファノと結託して叔父であるフォカス帝を襲撃し暗殺する。そして皇帝に即位したわけだが、ヨハネスのテオファノに対する態度は厳しいものであった。自......
07月11日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
鉄の皇帝バシレイオス その5
貧困とは人をかくも変えるものなのか。国威と貧困のバランスを取るのも皇帝の務めである。【ミルミル・ハミール著「教育論」より】フォカス帝の話をする前に今後の歴史に大きく関わってくる少年を紹介しておかねばならない。彼の名はアーカントス。自称スパルタ出身のシカツーノと同い年の少年だ。彼はコンスタンチノープルの貧民街で暮らしている。彼の尊敬する人物は、シカカーク。その絶対的な個人の戦闘能力にあこがれている。......
07月10日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
私が誰だかわかるかね?
元気に売り買いしてるかい?商人の諸君。ところで、私が誰だかわかるかい?ん?文字だけじゃわからないって?でもきっと君たちは私の顔を見たことあると思うんだ。前置きはいいって?仕方がない、では見てくれ。これが私だ。チャームポイントは頭のほくろだよ。これでもわからないかい?んー、そうか・・。この素晴らしい笑顔を見てもわからないかい?毎日君たちのために大赤字を出してる私・・。こんなに君たちのために尽くしてる......
07月09日 | 雑記 | Comment : 0  | Trackback : 0 
鉄の皇帝バシレイオス物語 その4
フォカス帝は軍事の才能がありすぎたのだ。それこそが欠点でもあった。【ミルミル・ハミール著「回顧録」より】フォカス帝の治世は、戦乱につぐ戦乱であった。彼の才能に支えられたビザンツ軍の活躍は目覚しいものであったことは前回のとおりである。ある日の夜、コンスタンチノープルにて、二人の屈強な男が上品とはいえない酒場で酒をくみかわしていた。一人は、ビザンツ帝国の将軍であり、現皇帝の甥にあたるヨハネス。もう一人......
07月08日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
鉄の皇帝 バシレイオス物語 その3
きらびやかなご夫人たちこそ、歴史を動かすのだ。いつの世も男は見栄をはるものである。【ミルミル・ハミール著「自省録」より】ロマノス二世の葬儀の次の日のことであった。泣きじゃくるアンナの手を引きながらバシレイオスは、彼にとっての秘密の隠れ家に向っていた・・・。そこは、見慣れた小さな厩舎で、いつものようにシカツーノが馬の世話をしている。彼は、バシレイオスが目に入るとかしずき、一礼する。バシレイオスは、身......
07月08日 | 人物列伝 | Comment : 1  | Trackback : 0 
BMI体系診断
夏です。熱くて熱くてたまらない季節です。汗をかきまくるので体調管理はしっかりしないと倒れます。さて、そんなわけでBMI指数を計ってみました。BMIとは、身長と体重から数字をはじき出し、現在の健康状態を判断するものです。しかし、体重を計るときに注意なのは朝と夜で1キロくらい体重が違います。(個人差はもちろんあります。)参考は、http://www.mamegra.com/pgm/DIET/HAKRUDAKE_DIETリンク先のページを見てもらえれば、......
07月06日 | 雑記 | Comment : 2  | Trackback : 0 
鉄の皇帝 バシレイオス物語 その2
戦乱につぐ戦乱の世であっても、復活祭の期間はひと時の休息を得ることができる。我が皇帝以外は・・・。【ミルミル・ハミール著「我が皇帝」より】その日の夜、皇帝一家は珍しく全員食卓の間に集合していた。この光景は復活祭ならではといえよう。普段皇帝は執務に追われ、家族と食事をすることもままならない。例え、食事をすることがあっても、水入らずにはなることはないのが皇帝の辛さの一つかもしれない。食卓を囲んで、ロマ......
07月05日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
鉄の皇帝バシレイオス物語 その1
※最初に・・この物語は、小説風味ですが通常の小説と少し表現方法が違います。修飾語をほとんど廃し、流れを追うように書かれています。農民からは神と崇められ、民衆からは拍手と賞賛で迎えられ、商人は涙を流し、貴族は畏怖した。【ミルミル・ハミール著「我が皇帝」より】959年のことであった。偉大なる哲人皇帝コンスタンティヌス7世が病に倒れ、崩御。このニュースを聞いたビザンツの全国民は、嘆き悲しんだ。コンスタンティ......
07月04日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
鉄の皇帝 バシレイオス物語 プロローグ
ビザンツ帝国は、かつての威光を完全に失いつつあった。ヘラクレイオスの時代にイスラムが勃興して以来、まずはシリアにおける威光を失ったビザンツは、聖像破壊運動で西欧諸国と険悪になり、重税でイタリアなど領内の離反も続いていた。帝国財政は火を噴き、立て直す君主が現れようとも次の愚弟が使い果たし、帝国財政は安定することはなかった。それに加え、地理的に敵国に常に囲まれる形になったビザンツは、慢性的な対外不安を......
07月02日 | 人物列伝 | Comment : 0  | Trackback : 0 
Re: 【トラバ企画】答えて繋がるブロガーの輪
くれはさんところで、バトンあったので拾ってきました。占いと思った人残念でした・・・。☆あなたのブログの中で一番心に残っている記事と、その理由を教えてください。一番心に残ってる・・・うーん難しいですね。●歴代ローマ皇帝を評価してみるこの記事は、ハミルさんと共同で企画して書いたものです。もうひとつ、個人的に過去記事紹介でまったく日の目を当てなかった記事が、●スコットランドの食人集団この記事は、毎日検索で......
07月02日 | 雑記 | Comment : 2  | Trackback : 0 
新シリーズ登場人物紹介
おまたせしました新シリーズです。今回は、内容を明かさずに人物だけ紹介してみます。●バシレイオスこの物語の主人公。幼少時、血統的には皇帝になる血筋であったが、幼いときに皇帝である父が亡くなり、母テオファノの愛人ニケフォロス二世フォカスと共同皇帝という地位につく。(実質は飾り物)この皇帝が殺害されると次は、ヨハネス一世が皇帝につき、彼が亡くなると、置物だったバシレイオスは皇帝になる。先代二人の皇帝はビ......
07月01日 | 歴史雑学 | Comment : 0  | Trackback : 0 
脳名メーカー
ラルクアさんところで、脳内メーカーなるものが紹介されてました。おもしろそうなのでさっそくいじってみる・・。●脳内メーカー(リンク先は、こちら)◆めけの結果・・・なんか、ほのぼのとした脳内ですね・・・・。ついでに他のも、◆めけの能力ひでえ・・・・。ひどいよママン。明日、新展開歴史ファンが発表されます。こうご期待。(ってたいしたことじゃないんですが・・)......
07月01日 | 雑記 | Comment : 3  | Trackback : 0 
Navigation

歴史ファンの大航海時代 Home | Page Top▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。